私は、学生のころに自己啓発系のセミナーにはまっていました。

セミナーを沢山、受ければ受けるほど自分が変わっていくと勘違いをしていました。その時は、引っ越しのアルバイトなどをして収入を得ていたのですが、セミナーに出てすぐにお金がなくなってしまいました。それでも、セミナーは定期的に新しいものが開かれどうしても受けたくなりました。

そこで、キャッシングを使ってセミナーを受けることにしました。借りるのには、ほとんど抵抗がありませんでした。それよりも、お金を手にしてセミナーを受けるということにばかり、頭がいってしまい、借金をしているという感覚はありませんでした。

大人になった今では考えられない感覚です。抵抗がなかったので、実際にキャッシングローンを使うまでの決断はとても速かったです。持っているクレジットカードから、キャッシングすることができたのですぐにキャッシングしました。

家族や友人に相談することは、全くありませんでした。借りられた額は、初回が10万円くらい借りました。そして、そのあともまた、セミナーが開催されるので、立て続けにキャッシングしました。

毎回、10万円を借りていきました。まだ、返済にはじめのころは余裕があり、月に5万円を返す程度だったのでなんとかアルバイトをして返すことができました。

しかし、さらにセミナーに出るようになり、キャッシングも重なってくることで借金の額が大きくなってきました。

やがては、借金できる限度の50万円まで借金することになっていました。

その金額に達すると、毎月の返済が間に合わなくなってきました。何か月も借金を滞納するようになりました。

すると、家にもカード会社から電話がくるようになり、その時に家族に借金をしていることがばれました。

それから、1年近くかけて、電話を無視しながら少しずつかえしましたが、返済にめどが立ちませんでした。

そこで、持っている車を売って返済しました。

このような、返済に追われる毎日は、もう二度と味わいたくないと思いました。